Introduction

ジャイアンツ・コーズウェーも「紛争」も北アイルランド。そして何よりも映画がある!

NIFF 2008 プログラマー 若井真木子

 北アイルランドには世界遺産の「巨人の石道」=ジャイアンツ・コーズウェーがあり、ブッシュミルズ(ウイスキー)やジョージ・ベスト(サッカー選手)の故郷も。しかし忘れてならないのは、(隠れた名産)映画だ。それは、北アイルランド出身の監督や俳優だけに留まらず、そこの空気を吸って製作された映画の土台となる濃厚なコミュニティと長く続いた「紛争」、トラブルズと言われる時代背景がある。

 あまり知られていないイギリスの正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」。そこに北アイルランドが何故あるのか。そのこと自体をめぐってといっても過言ではない「紛争」が長く続いた北アイルランド。プロテスタント系とカトリック系の武装組織の争いと双方の住民の分断。そこに北アイルランド警察やイギリス軍の存在が絡まった「紛争」は、1969 年から1990年代後半の停戦まで日常的に続いた。爆弾や殺人によって、多くの市民が犠牲となった北アイルランド(そしてアイルランド、ブリテンもまたしかり)。98年のグッドフライデー合意等の様々な紆余曲折を経て、2007年5月からは再び自治政府が回復するまでに至っている。歴史がそのままに、アイルランドとイギリスの双方も重なり合う北アイルランド映画史。そこに秘めたる魅力が凝縮されている。

 「紛争」最中の80年代に創設されたイギリスのチャンネル4という商業テレビ局はイギリスに住むマイノリティーの声を反映する番組を地元製作者たちから募集した。そのひとつ、デリー・フィルム・ビデオ・ワークショップで映像制作をしてきたマーゴ・ハーキンやアン・クリリーなどの女性監督、またトム・コリンズは、現在では、第一線の監督として活躍している地元デリーの監督たちだ。今では大御所となった監督マイク・リーやポール・グリーングラスもキャリアの節目に「紛争」を描いた。ドキュメンタリー監督ジョン・T・デイヴィス、日本でも紹介され、評価の高い監督サディアス・オサリバンらは、意欲的に北アイルランドを撮り続けてきている。テレビでも活躍するデクラン・ラウニーやピート・トラヴィスなどのベテラン監督勢も様々な形で北アイルランドを写してきた。特に90年代に入ってから、地元の大学やコミュニティセンターでの映画研究者や製作者の若手育成、地元の映画祭などが盛んになってきている。そういった環境から輩出されたラブ・カイ・モウやテリー・ローアンら北アイルランド出身の若手監督。舞台、テレビ、インディーからハリウッドまで横断的に活躍するジェームズ・ネズビット、スティーブン・レイ、エイドリアン・ダンバーなどの北アイルランド出身の俳優たち。その他、脚本家やプロデューサーなど数を上げればきりがないし、この映画祭で上映されない良い映画もたくさんある。

 NI Screen やThe Irish FilmBoardなど、北アイルランド、アイルランドそれぞれのフィルム・コミッションなどは公的資金で映画製作や上映支援をしてきた。テレビ局の支援や放映枠で特筆すべきは、定期的に放映されてきているBBC NIのNorthern Lightsシリーズ。その中から、『ジャンパーズ』、『強盗たちも恋に落ちるのか?』、『ガソリンスタンド・ブルース』を上映する。

 ふと、「紛争映画祭」……という言葉を思い浮かべてしまう。それだけ「紛争」が背景やテーマになっている作品が多い事情がある。「紛争」の日常のディテール、リアルさ、心を打つストーリー。直接的に、あるいは間接的に、「紛争」を描くことで、描かないことで、観客を笑わせ、泣かせ、怒らせてくれる映画は、何よりも、心を自由にし、どこかへと誘ってくれる。映画は、監督たちは、その足下の、その先の世界をどう見ているのか、どう魅せてくれるのか。北アイルランドを語る時に、避けて通れない「紛争」という現実と漠然としたイメージ。それに縛られない個性的な北アイルランド、アイルランド、ブリテン出身の映画人によって創りだされる世界は、だから無限に広がる宇宙だ。 

-

INTRODUCTION

Giant's Causeway and the “Troubles” are both Northern Ireland and don't forget films!

NIFF 2008 Programmer / Makiko Wakai

Northern Ireland might be best known for Giant's Causeway, and perhaps less so as home to Bushmills and George Best. But above all, there are (the hidden treasures of) films. The films go beyond Northern Ireland directors and actors, encompassing the multi-layered film communities that underpin productions infused with the local atmosphere, and the extended periods of “Troubles” as historical background.

Officially the UK is the "United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland", which is not well known in Japan. It is not an exaggeration to say that the reason why Northern Ireland is included in the name itself has been the site of contestation for the "Troubles." The “Troubles,” which continued from 1969 through the on-and off ceasefires of the late-90s, consisted of conflicts between the mainly Protestant and Catholic paramilitary groups, the sectarian divide between residents on both sides, as well as the involvement of the Northern Ireland police and the British army. Bombings and murders took the lives of many innocent citizens in Northern Ireland (as well as in Ireland and Britain). Northern Ireland regained self-rule government in May 2007 after many twists and turns, including the Good Friday Agreement of 1998. The film history of Northern Ireland embodies this history, as well as crossover between Ireland and Britain. And it is precisely here where its charm resides.

A commercial broadcaster, Channel 4, which started in the 80s in the midst of the “Troubles,” sought programs by local filmmakers that reflected minority voices in the UK. One of the commissioned groups was Derry Film and Video Workshop. Margo Harkin and Anne Crilly as well as Tom Collins, leading feature and documentary directors, came out of that era. Mike Leigh and Paul Greengrass, now household names, depicted the times of “Troubles” in their early works. Documentary filmmaker John T. Davis and Thaddeus O'Sullivan, whose films have shown in Japan many a times, have enthusiastically continued filming Northern Ireland. Declan Lawney and Pete Travis, who have been working in TV, have captured Northern Ireland in various forms. Especially from the 90s, local universities and community centres have played important roles in educating young film academics and filmmakers, as well as organizing film festivals. Young local filmmakers such as Lab Ky Mo and Terry Loane have emerged from this vibrant atmosphere. Northern Ireland actors such as James Nesbitt, Stephen Rea, and Adrian Dunbar continue to cross boundaries from plays and TV dramas to independent and Hollywood films. Space constraints make it impossible to mention numerous other talents such as screenwriters and producers, and there are many wonderful films that we cannot show in this film festival due to limited capacity.

Film commissions such as NI Screen and the Irish Film Board have been funding filmmaking and screenings of local films. BBC NI’s Northern Lights series, which funds and airs shorts, deserves particular mention in terms of TV support and programming. From that series, we are showing Jumpers, Do Armed Robbers Have Love Affairs? and Petrol Country Blues.

Sometimes, I have a sudden urge to say to myself “The Troubles Film Festival.” There is no denying that many, although not all, of the films depict the “Troubles” in some way. These moving stories, and the real depictions of the “Troubles” in quotidian detail, capture audiences worldwide. By depicting the “Troubles” directly or indirectly, or not at all, the films incite laughter, tears, and anger, and most of all, free our minds and invite us somewhere. How do these films, and filmmakers, see and capture the world around them and the universe ahead? The realities and the vague images of the “Troubles” can’t be avoided in relation to Northern Ireland. Yet the worlds created by the distinctive filmmakers of Northern Ireland, Ireland and Britain transgress those troubles, and hence create an ever-expanding universe.

NIFF 2008 携帯サイト

カメラで撮って見て下さい。