デリー・ダイアリーおやすみベイビー

マーゴ・ハーキン監督

プロフィール

-

監督になる以前はアイルランドまたはロンドンで、教師、地域福祉ワーカー、劇場デザイナーとして働いていた。

70年代はデリーにあるセント・ピーターズ中学校で3年間美術を教え、デリー・ユース・アンド・コミュニティ・ワークショップの副官、美術講師として働いた。

80年代初頭から、ケンブリッジ・フットライツとロイヤル・コート・シアター・アップステアズで劇場デザイナーとして働き始める。1980年からプロダクション・アシスタントとして始めたフィールド・デイ・シアター・カンパニーに、最も長く従事した。その間、ロンドンのリバーサイド・スタジオでパーシー・ハリスとハイドン・グリフィンの元、舞台装置・衣装デザインの博士号を取得し、劇場デザイナーとしてのキャリアを始める。

(プレスリリースより抜粋、翻訳:馬渕愛)

NIFF 2008 携帯サイト

カメラで撮って見て下さい。