眠れる野獣

撮影の舞台裏(BBCのホームページより)

1.主人公カイルの妻サンドラを演じたレイン・ミィゴーの演技には、格別な説得力がある。というのも、カイルを演じたスチュアート・グレアムとミィゴーは実生活でも夫婦なのだ。

「スチュアートと共演するのは好きよ。」とミィゴーは笑う。「長い間一緒に経験を積んできたから、それを演技に反映できるの。私たちが演じることで、役同士の絆や緊張感がにじみ出るわ。制作側には、私たちが共演するのを嫌がる人たちがいるの。撮影現場に家庭のことを持ち込むと思っているのね。でも私たちは絶対に持ち込まない。私は、リハーサルをしていると興奮してみんなと議論をするけれど、スチュアートとは現場では議論しない。家に帰ってから話し合えるからよ。うれしいことに、結婚して9年になるけれど今もうまくいっているわ」。

2.主人公が所属するロイヤリスト系組織の首脳部として部下を取り仕切っているアレック。そのアレックを演じたベテラン俳優のデービット・ヘイマンはスコットランド出身だが、彼以外の出演者はすべて北アイルランド出身の俳優である。プロデューサーのアンソニー・ロウによると「北アイルランドの俳優をキャスティングすることで作品に本物らしさが出る」ということだ。スチュアート・グレアム(カイル役)、パトリック・オケーン(フレディ役)、コルム・コンベイ(ラリー役)らは、映画の元となった舞台版「眠れる野獣」にも出演している。

3.映画の冒頭にサッカーの試合が登場する。この試合が撮影されたのは、北アイルランド出身のサッカー選手ジョージ・ベストが最初にサッカーをしたというベルファストの競技場だ。プロデューサーのロウはこう言って笑う。「そこで撮影をさせてもらうために、新しいゴールポストを贈らなくちゃならなかった」。

4.カイルとフレディが裏切り者を懲らしめるために踏み込む住宅は、以前にも撮影に使われたことがある。1970年から1984年まで続いたBBCのテレビドラマシリーズ「Play for Today」の中で、1982年から1984年にかけて3回にわたって放送されたマーティン家を描いたエピソードだ。現在、監督や俳優として世界的に活躍しているケネス・ブラナーが、マーティン家の息子ビリーを好演していた。

5.映画の元となった舞台版は、いくつもの新聞の見出しから着想を得ている。脚本は1990年代後半を反映し、しかも未来を予測していた。ラリー役のコルム・コンベイの話がこのことを物語っている。「ダブリンでの公演はすごい経験だった。舞台上で起こる出来事が、現実でも起こって翌朝の新聞に載ることがあったからね」。

6. 2001年のエジンバラ映画祭で上映された映画版「眠れる野獣」は、批評家たちに高く評価された。監督のハリー・ブラッドビアはこう言う。「映画は批評家たちの心をしっかりつかんだ。それに映写技師まで映画を見てくれた。普通は映画が始まると映写技師は新聞を読んだりタバコを吸ったりしているから、最後まで見るなんてめったにないことだね」。

7.「眠れる野獣」は行く先々の映画祭で大成功を収めている。まず2001年にエジンバラ映画祭で世界に先がけて上映された。低予算で作られたテレビドラマが映画祭で上映されるのは異例のことだ。ベルファスト映画祭ではクロージング作品に選ばれ、ニューヨークでも紹介された。モントリオールやボストン、コーク、ロンドン、ウェールズの国際映画祭、イエーテボリ映画祭、さらにロンドン映画祭でも上映が決まっており、今後はロンドン映画祭の一環としてブラッドフォード、マンチェスター、ブリストル、カーディフ、ニューカッスルでも上映される。(2001年現在)

did you know・・・?

1. That the intensity of Laine Megaw's performance as Sandra is enhanced by the fact that in real life she is married to Stuart Graham, the actor playing her screen husband, Kyle.

''I like working with Stuart,'' she laughs. ''We have a wealth of experience together which we can turn into a screen relationship. There's a bond and electricity there which we can draw on. People are very leery about casting us together because they think we're going to have domestics all over the place, but we never do. I get very passionate in the rehearsal room. I'll have arguments with everyone except Stuart because I can argue with him when I get home. The great thing is, we've been married for nine years but we still get on!''

2. Apart from the esteemed Scottish actor David Hayman, who plays the menacing Alex, the cast was composed entirely of Northern Irish actors. According to producer Tony Rowe, ''that gives the piece a real sense of authenticity.'' In addition, Stuart Graham, Patrick O'Kane and Colum Convey all starred in the stage version of As the Beast Sleeps.

3. The football match that opens the film was shot on the pitch in Belfast where George Best first played. 'The one condition for filming there,'' smiles Rowe, ''was that we had to buy the football club a new set of goalposts.''

4. The house which Kyle and Freddie raid at one point in As the Beast Sleeps has a notable film history. It was also used as a location twenty years in the films of the Billy plays, in which Kenneth Branagh first made his name.

5. The original play was ripped from the headlines. Actor Colum Convey recalls how prescient it was at the time it was written in the late 1990s. ''When we were performing the play in Dublin, it was an amazing experience. What you were seeing on stage was what you were reading about in the papers the next morning.''

6. The film was critically acclaimed at the 2001 Edinburgh Film Festival. ''The reviewers were absolutely gripped by it,'' the director Harry Bradbeer recalls. ''Even the projectionist stayed to watch it which is most unusual. Normally, they sit there reading the paper and having a fag.''

7. As The Beast Sleeps has been a huge hit on the festival circuit. It received its world premiere at this year's Edinburgh Film Festival - a prestigious achievement for a low budget TV single. It was chosen as the closing film for the Belfast Film Festival was chosen to appear in the Edinburgh Showcase in New York. It has also been selected for the Montreal, Boston, Cork, London, Welsh International, and Gothenburg festivals and as part of the London Film Festival it will go on tour to Bradford, Manchester, Bristol, Cardiff and Newcastle.

(プレスリリース、ホームページより抜粋、翻訳:加納礼子)

NIFF 2008 携帯サイト

カメラで撮って見て下さい。