デリー・ダイアリー ブラディ・サンデーのその後

Bloody Sunday - A Derry Diary  

★ 日本初上映 監督来日予定!!

Director coming to NIFF!

上映スケジュール / Schedule

9th 16:10 +Talk

11th 18:40 + Talk

15th 21:00

-

ドイツ、イギリス、アイルランド/2007/英語/カラー/ビデオ/85分

監督、製作:マーゴ・ハーキン

撮影:パディー・スティーブン

音楽:ジョン・オニール

編集:ジム・デービス、デイビット・グレイ

音楽:ジョン・オニール

共同製作:カール・ルドヴィッヒ・レッティンガー

-

GERMANY, UK, IRELAND / 2007 / English / Colour / Video / 85 min

Director, Producer: Margo Harkin

Photography: Paddy Steven

Music: John O'Neill

Editors: Jim Davis, David Gray

Co-producer: Carl-Ludwig Rettinger

-

時は解決しない。1500人が市民権を訴えたプロテスト・マーチ、1972年のブラディ・サンデーに学生だったマーゴ・ハーキン監督はいた。イギリス軍の発砲により13人が命を奪われ、そこにいた人々は心に期限なしの傷を負った。参加者たちにとって事の一部始終は明らかでも、「誰が最初に発砲したか」に終始する思考停止のイギリス軍の兵士、IRAの兵士にとっては違う。1998年から始まった「ブラディ・サンデー調査委員会」の紆余曲折。元兵士らの生の声とも対面し、当時を背負って今を生きる人々の声を集め、その記憶の道を一緒にたどる。真相を求め続ける遺族らの表情を湛然に描く胸に迫るパーソナル・ジャーニー。

-

Time is not a cure. In 1972, art student Margo Harkin was at theinfamous Bloody Sunday, where 1,500 people marched in the civil rights protest at Derry. British paratroopers opened fi re and killed 13 people, and scarred forever the hearts of the people who were there. What really happened more than 30 years ago is obvious to people who were there, but not for the British soldiers and IRA militants, who are stuckon "who fired the first shot?" The Bloody Sunday Inquiry that started in 1998 has undergone twists and turns over the years. The director gathers voices of individuals who were there, as well as former soldiers, and together follows the paths of those memories. A personal journey depicting those who still endeavour to seek the truth.

-

NIFF 2008 携帯サイト

カメラで撮って見て下さい。